徳島県の通信制高校で勉強をやり直せました

様々な事情でほとんど学校に行けていなかった人も多い

学校の人間関係でもめた : 様々な事情でほとんど学校に行けていなかった人も多い : 徳島県の通信制高校で楽しく学べている

有難い事に親は教室に行きたくない気持ちを分かってくれ、以前のように学校に行けと言う事はなくなったのです。
自分でもこの状況が続く事が良いとは思っていなかったので、取り敢えずできる事からしようと思って学校の勉強は毎日欠かさずにやるようにしていました。
ですが、自分一人で勉強していても躓く事が多く、上手く勉強できませんでした。
それに、勉強を毎日進めていてもしばらくは勉強に手をつけていなかったので、かなり遅れが出ていたはずです。
学校に行かないのに塾だけに行くという発想にはならず自分だけの力で勉強しようとしていたので、苦手なところは苦手なままであったり、ポイントを抑えないまま何となく勉強しているだけの状態になっていました。
通っていた中学校のクラスメイトがいないであろう場所のレベルが低い高校を受験する事にしましたが、ほとんど学校に行けていなかったせいで内申点はかなり低かったですし、テストでも全く点数が取れませんでした。
予想はしていましたがかなりレベルが低い高校すら不合格となり、これから働く事になるのか、どうなるのか不安な気持ちでいっぱいだったのです。
不合格発表を見た日の夜、父から徳島県にある通信制高校に通う事を提案されました。
通信制高校は中学校レベルの復習から始まるケースも多く、自分と同じように様々な事情でほとんど学校に行けていなかった人も多いと知りました。